<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ドライカレー

最近よく作るドライカレー。けっこう評判いいのです。
d0065869_20493481.jpg1.お鍋ににんにく・生姜をみじん切りを入れ、香りが出たら唐辛子・クミンシード・グローブ・ブラックペッパー・カルダモンシードをいれさらに炒める。
2.玉ねぎ・ベーコンのみじん切りを入れゆっくり炒める。(クルゼーの鍋を使用する為、蓋をして蒸し焼きのようにする。時々蓋をあけて混ぜる。焦げそうな時は水を少々加える)

d0065869_2050294.jpg3.玉ねぎを炒めてる間に、にんじん・セロリ・赤ピーマン・なす・エリンギ(お好みの野菜)・らっきょをすべてみじん切りしておく。
4.お鍋に3の野菜をすべて加え塩・胡椒して炒める。
5.野菜がしんなりしたら、トマトざく切り・レンズ豆(茹でたもの)を加え、軽く炒めあわせる。

d0065869_20501891.jpg6.ミンチを入れ、ミンチの上に色々なスパイスと塩・胡椒をして炒める。
 スパイスは直接入れると焦げやすいのでお肉の上にのせると良い

d0065869_20503865.jpg7・味付けはマンゴチャツネ・赤ワイン・チキンスープ・ウスターソース・ケチャップ・らっきょの甘酢・粗塩・胡椒をいれ1時間ほど煮込む。

d0065869_2051302.jpg8.水分が半分以上なくなるまで煮込み、塩・胡椒で味の調整する。

d0065869_2052167.jpg9.ターメリック・サフランライスを一緒にどうぞ・・・
 トッピングは焼いたアーモンドスライス・干しレーズン・ゆで卵・香菜など・・・

かなりスパイシー。でも一度食べたら病みつきになる味。
野菜がほとんどのだからヘルシーヘルシー。
たっぷり作って冷凍もOK!!

材料は・・・

More
[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-28 21:03 | グルメ

食パン

パン・ド・ミ作り。
d0065869_17484925.jpgいつも1㌔の粉で1.5斤2本とパウンド型のミニ食パン1本出来上がる。

以前は、耳は硬く、中の白い生地の部分は水分の抜けたようなパサパサパン。
ガスオーブン使用だから、少し温度は低くして焼いてたけど、納得できる美味しい食パンにはならない・・・


色々試行錯誤した結果、170℃(途中160℃に落とすこともあり)25分~30分で焼くと、私の好きなふんわりもっちり食パン(パンは断然端っこより真ん中のやわらかい部分が大好き派)満足できるに焼き上がり。

焼成前の塗り卵はいつも残りもったいない・・・牛乳を薄くぬり焼き上げ~
牛乳でも自然な照りが出ますよ。
[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-26 17:49 | パン

ドルチェ

神戸の名物“いかなご”をお友達に送ったら素敵なプリザーブドが届きました。
d0065869_18423100.jpgもともと辻調理師専門学校フランス校時代のルームメイト。
卒業してからもずーとお付き合いがあり、すぐ会える距離でないけど1年に1度くらいは会ってるかな~
そんな彼女が最近プリザーブドフラワーのオンラインショップ“DOLCE ドルチェ”を立ち上げました。


今までのDOLCEさんからの送ってもらったプリザーブドフラワーアレンジをご覧になりたい方は・・・

More
[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-26 16:33 | お花

アロマ教室 

コラボレッスンのご案内です。
6月9日(金)10:30~開催するアロマ教室は、ハンガリーウォーター・ボディパウダー。
d0065869_1833513.jpg高齢となったハンガリーのエリザベート女王がハンガリーウォーターを使い、持病のリウマチを克服して若さと美貌を取り戻し隣国の50歳も年下の若いポートランド国王から求婚されたという逸話があるハンガリーウォーター(化粧水)
夏場に重宝のするボディパウダーは、デオドラントパウダー・フットパウダー・リラックスパウダー・ムーディパウダーなどお好みでどうぞ~
d0065869_18374462.jpgその後のランチのメニューはまだ未定ですが、もちろんデザート付です。


5月21日(日)紅茶・ケーキのコラボレッスン
d0065869_18402262.jpgお紅茶の美味しい淹れ方とこれからの季節に重宝アレンジティで、ワンランク上のTea Timeはいかがでしょう?

d0065869_18415343.jpgシュークリームは実際に作っていただきます。
パリッと焼き上げたシュー皮に、カスタードクリームをたっぷり詰めまーす。
手作りの楽しさ・美味しさをぜひ味わってくださいね。

[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-24 18:31 | コラボレーション教室

酒心館

酒心館にある“さかばやし”でお昼をいただきました。
灘五郷の一つである御影郷(みかげごう)の清酒「福壽(ふくじゅ)」の蔵元。
d0065869_1834080.jpg“さかばやし”の中は確か酒蔵として使われていたので、天井も高く、木作りで昔ながらの素敵な雰囲気があります。海外の方は必ず喜ばれますよ。
お店に入ると、日本酒の香りがしてそれだけで酔えそう~
そばに畑もあり、今回は大根が埋ってました。

d0065869_1832349.jpgメニューは色々ありますが、特に“蔵豆腐”が有名。それと“せいろそば”
そばアレルギーの為一度も食べたことない私ですが、とても美味しいらしい(見てるとほんと美味しそう・・・)
ランチは手ごろな価格~ありますよ。
[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-23 17:34 | グルメ

ヒカリ トマトケチャップ

以前、食通友達からいただいたことがあるケチャップ。その時からのお気に入り
d0065869_21534130.jpgケチャップは好んでは食べないけど、“ヒカリのトマトケチャプ”はトマトの味も濃く美味しい。
お店で見かけたら、つい買ってしまいます。今回は近所の酒屋さんでゲット!!

お昼に何を食べようか~と考えて食パン・チーズはある。ならばPizza Toast決まり!!
でもPizzaソースは常備してないから、“ヒカリのトマトケチャプ”で代用。
チーズをのせ、何か好きなトッピングをすると、簡単Pizza Toast出来上がり!!
お子さんにも喜ばれる味でしょうね。。。
このアイディアはEmily先生に教えてもらいました。
[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-21 21:46 | グルメ

リップ

アロマのEmily先生にお願いしてたリップ
春先は必ず唇のふちがカサカサになり、体がなんとなくかゆくなる・・・
d0065869_23391467.jpgEmily先生とそのことをお話したら、体のかゆい部分は万能クリームでOK。
唇のカサカサ・パキパキはほんのりピンク色の特製リップでOK!!
なーんて強い見方かしら~

[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-20 22:41 | アロマ

プリザーブドフラワー

第3回“プチプリザーブドフラワーアレンジ”コラボレッスンでした。
ご参加いただいきましてありがございました。
今回のテーマは、“New Lifeを彩るビタミンカラーアレンジ”
d0065869_191635.jpg
d0065869_1921445.jpg
真剣にアレンジ製作中。
黄色とオレンジバラ・アジサイ・青りんご・オレンジなど元気な色がたくさん
d0065869_193458.jpgd0065869_1935622.jpg
出来上がり後はラッピング。
d0065869_1945921.jpg
d0065869_1961349.jpg
とても素敵なプチプリザーブドフラワーアレンジ完成。
この後はランチです。

More
[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-18 18:54 | コラボレーション教室

ご案内

やっと晴れました!!

もうすぐ母の日。毎年母の日のプレゼントは悩みませんか?
母の日特別企画でアロマのEmily先生お花のsumiyo先生コラボレッスンのご案内です。
詳しい内容は先生のサイトでご覧下さいね。
でも・・・自分のプレゼントにしたいですね~

5月21日(日) ガトゥ・ド・シナで第1回“紅茶とケーキのコラボレッスン”開催します。
詳細はホームページからご覧下さい。。。
d0065869_186362.jpg

[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-15 17:53 | コラボレーション教室

イチゴジャム

最近イチゴが安くなってきたのでジャム作り。
d0065869_20292467.jpg1.前日にイチゴ2P・冷凍グリオットチェリー50g・砂糖100gをあえて一昼夜冷蔵庫で寝かす。
2.1のイチゴ・グリオットチェリー・1/2レモン汁(レモン汁はイチゴの色をキレイに保つ為)をお鍋に入れて15分ほど弱火で煮る。途中アクを丁寧にとる

d0065869_20293712.jpg3.15分煮た後、2のイチゴなどをガラスの器に、入れ紙蓋をして、1日寝かす。


d0065869_20295947.jpg4.3の果肉と水分を分け、水分だけを103℃に煮詰める。
5.103℃になれば、イチゴの果肉を加え入れ、10分程弱火~中火で煮込む。
イチゴの果肉を残す為、煮込まない。

d0065869_2030117.jpg6.煮沸したジャム瓶に入れて、逆さにして冷ます。
イチゴの量に対して80%ぐらいのお砂糖が入るけど、今回はかなり少量。
イチゴ2p(700g弱)に対して、砂糖は100g。ちょっと中性脂肪など気にしているからあっさりと。

感想:酸味が効いてて果肉がごろんごろん入ったジャムというより、果肉入りベリーソース・・・って感じかな~
もちろんフランスではジャム(コンフィチュール)とは呼べないのでしょうね・・・


[PR]
by gateaux_de_shina | 2006-04-10 21:01 | グルメ